超ポジティブ!!健食体験日記^_^色んな商品を鋭い角度からレポ

MENU

青汁を飲んでから、さまざまな体調不良が少なくなりました。

健康食品1
私は数か月前から青汁を飲んでいます。
最初の頃は大麦若葉を飲んでいたのですが、試しにケールの物を飲んだところ、とても飲みやすくて美味しかったので、途中からそれに切り替えました。

 

毎日の食生活で青野菜を十分に摂っていくのは大変なことです。
しかし、青野菜が不足してしまうと、身体は錆びやすくなりますし、ストレスも溜まっていってしまいます。

 

さらに血液循環が上手くいかなくなり、新陳代謝も下がってしまいます。
青野菜が不足すると、どんどん悪循環に陥り、心身ともに体調を崩してしまいます。

 

青汁を続けることで、これらの症状が改善されてきました。
特にお腹の調子が整ってきて、毎日決まった時間にお通じがあるようになりました。

 

肌トラブルもあったのですが、青汁を飲むことでデトックス効果もあるらしく、乾燥肌やニキビなどもなりにくくなりました。
健康食品2
これからの季節は日焼けによる紫外線の影響でシミが気になってきます。
しかし、青野菜にはビタミンCも含まれているので、シミ予防にも役立ちそうです。

 

夏は野菜が豊富な時期ですが、青野菜というとなかなか十分な量を摂ることができません。
それでも青汁があることで、青野菜の栄養をいつでも補給できるので安心できます。

 

1年中で最も青野菜が不足するのは冬だと思います。
冬の時期は特に意識して青汁を飲むようにしています。

 

粉末でクセも少ないので、水でもお湯でも美味しく飲むことができます。
シェーカーで攪拌したり、かき混ぜてからしばらく置いた方が味が馴染んで美味しくなるようです。
健康食品3
私の最近のお気に入りの飲み方は、はちみつとミルクを混ぜて飲んでいます。
見た目は抹茶ミルクのような感じで美味しく飲むことができます。

 

この飲み方にはまってしまってから、かなり美味しく青汁を飲むことができるようになり、毎日楽しみになりました。
これからも青汁を飲み続けて、美容と健康を維持していきたいと思っています。

 

また最近では粉末の青汁のようで違う粉末ユーグレナサプリにも興味があり試してみようと思っています!
http://xn--qckk6db9bwa5hpbo2n.com/こういうサイトをくまなくチェックしています!!

リコピンなら大いに期待出来る日焼け止めと美白

健康食品6
サプリメントを愛用する方には日常の食生活だけでは取れる栄養素に限りがあると思われる。もしくは現在、将来の健康状態に不安がある方でしょう。サプリメントを選ぶのに改善したい、更にプラスしたいと思って選ぶのですが当初の目的と違うことに結果が出たりすることがあります。

 

例えば、アンチエイジングを頭において抗酸化作用を目的に選んだリコピンですが思わぬ、有り難い結果を招くことがあります。それは美白です。決して美白が売りのものではないです。しかし、飲用しているうちに気付くのは体全体が以前より色白になってくることが、早い人で半年くらいの飲用で気付くはずです。特に夏場を過ぎてから自覚する場合が多いようです。
健康食品5

リコピン特徴として一般的には抗酸化食品としてトマトなどに多く含まれる成分ですが、女性として見逃せないのが日焼けにに対する効能です。日焼けした後もそうですが、日焼けする前から摂取しておくことによって、摂取した人としない人では日焼け度合いが明らかに違うのです。

 

これは日焼けというものが紫外線によって皮膚がダメージを受けて黒く焦げる、つまり酸化してしまうことが日焼けという結果なわけで、リコピンはその酸化度合いを和らげたり、修復したりする力があるということです。
健康食品4
ならば、トマトを毎日食べれば良いのではとなりますが、効果を得るための量は一日大玉6個くらいです。そんな量を食事として毎日取るのは難題ですし、夏以外にもとなると金額的にも現実的ではありません。

 

そういう難題をクリアしたものがサプリメントですから、その使い易さと効果に大いに期待したいものです。

 

抗酸化という若返りを意識したものは他にもいっぱいあります。代表的なものはポリフェノールを含んだもので、胡麻やブルーベリーといったものや、最近、話題になっている活性酸素を抑える水素水など。しかしながら、日焼けや美白に目で見える効果を得られるのはリコピンが一番です。